スマホを替えるなら格安SIMにて毎月のスマホ代金を節約しよう。

僕が格安SIMにしたきっかけ

2年前ぐらいの話です。

特に電話もしない、スマホを使うのはゲームやLINEだけ、そんなときに少し話題になっていた格安SIM。

友達が使っていてじゃあ教えてよ!!と薦められるままに変えました。

購入した機種はHUAWEI620S。ヤマダ電機で8000円くらいのスマホ。

ヤマダSIMで月々3000円程度。データ使用は無制限。しかもデザリングができる。

まさにいいことだらけでした。

格安SIMしてわかったメリット

やっぱり安かった!!

毎月8000円前後払っていた料金が3000円になったので5000円の節約になりました。

もう2年半使用しているので15万ほどの節約になってますね。

格安SIMにしてわかったデメリット

スマホの容量が少なくアプリはSDカードで対応できるかと思いきやSDカードに入れれないアプリが多かった。

機種が古すぎたせいか2年経ってアンドロイドのOSが更新できずにダウンロードできないアプリが出てきた。

つまり新しいスマホの購入が必要になるかも。

さぁ、スマホを買い替えよう

ってわけでスマホを買おうと思い、候補にしたのは楽天モバイル、LINEモバイル、Yモバイル。

どこも月額500円~とか1480円~からとかそんなのだいたい実用的じゃないですからね。

まずいまの第一候補のYモバイル。

月々1480円!!と書いてますが実際にはもっとかかりますね。

割引されるのは1年間で2年縛りがあるのでそれ以外での解約だと約1万円の手数料がかかります。

その辺は相変わらず聞かないと説明しませんよね。

Yモバイルのメリット

iPhoneSE、6Sが安く手に入る。

家族割がある。ただし2台目以降なので最初の人は500円の割引はされません。

安心保障には入らなければ700円ぐらい引かれる。

LINEモバイルのメリット

なんといってもSNSアプリはデータ使い放題!!

Twitter、インスタ、フェイスブックを多く使用する人にオススメです。

僕も暇なときはTwitterばっかみてるのでこれはありがたいです。

楽天モバイルのメリット

規定ギガ数使用後の最低速度が速い。

最終的にスマホは何に変えるのか?

僕は結局Yモバイルにすることにしました。

iPhoneSEを実質無料で手に入れて2年後またどっかに乗り換えよう。

2Gプランにして少しはスマホ断ちでもしようかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨バブルに乗り資産2000万達成も暴落により半分に。いまは株、スワップ、仮想通貨、WealthNavi、iDecoで分散投資。三重県菰野町で育った30代地域ブロガー。菰野町周辺のグルメ、観光、子供の遊び場を発信します!!