壺に大きい石を入れる話

壺に大きい石を入れる話

以下コピペ

ある大学でこんな授業があった。

「クイズの時間だ」教授はそう言って大きな壺をとり出し、教壇に置いた。

その壺に、彼は一つひとつ石を詰めた。

壺がいっぱいになるまで石を詰めて 彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。

 

「本当に?」といいながら、教授は教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。

そして、砂利を壺の中に流し込み、壺を揺らしながら、石と石の間を砂利で埋めてゆく。

そうしてもう一度聞いた「この壺は満杯か?」学生は答えられない。

ひとりの学生が「多分違うだろう」と答えた。

 

教授は「そうだ!」と笑い、今度は教壇の下から砂の入ったバケツをとり出し、

それを石と砂利の隙間に流し込んだ後 3度目の質問を投げ掛けた。

「この壺はこれでいっぱいになったのか?」

学生は声をそろえて「いいえ」と答えた。

 

教授は水差しをとり出し、壺のふちまでなみなみと水を注いだ。

「僕が何を言いたいか、わかるだろう?」

ひとりの学生が手を上げた。

「どんなにスケジュールが忙しい時でも、最大限の努力をすれば、

いつも予定を詰め込むことが可能ということです」

 

「それは違う」と教授

「重要なポイントはそこにはないんだよ。

この例が私たちに示してくれている真実は、

大きな石を先に入れない限り、

それが入る余地は、そのあと二度とないということだ」

 

「私たちの人生にとって、大きな石とはなんだろうか?」

「それは仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、

家族であったり、自分の夢であったり。

ここで言う大きな石とは君たちにとって一番大切なものだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。

さもないと君たちは、それを永遠に失うことになる。

もし君たちが小さな砂利や砂、

つまり自分にとって重要度の低いものから自分の壺を満たしたならば、

君たちの人生は重要でない何かで満たされたものになるだろう。

そして大きな石、つまり自分にとって一番大切なものにさく時間を失い、

その結果、それ自体を失うだろう」

 

(以上、コピペ)

この教訓から学び行動していくこと

壺はあなたの人生。たった一つの壺です。

そこに何を入れるかは自由。

大きい石が1つの人もいれば3つくらいある人もいるかもしれない。

その重要な石のことを忘れないでください。

僕が読んだ著書「7つの習慣」の3つ目の習慣に「最優先事項を優先する」とあります。

スマホゲームやテレビを見たりして無駄な時間を過ごしていませんか?

あなたにとってそれが大きい石ならそれでいいかもしれません。

だから僕は砂利や砂だったスマホゲームはやめました。

あなたにとっての大きい石を考えてみてはどうでしょうか?

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    仮想通貨バブルに乗り資産2000万達成も暴落により半分に。いまは株、スワップ、仮想通貨、WealthNavi、iDecoで分散投資。三重県菰野町で育った30代地域ブロガー。菰野町周辺のグルメ、観光、子供の遊び場を発信します!!