すかいらーく株主優待を使って「ガスト」へいってきた

すかいらーくグループとは?

すかいらーくグループはガスト、バーミヤン、夢庵などを経営する日本最大手の外食企業。

たぶん株に興味ない人はすかいらーくの名前も知らないでしょうね。

僕も知らなかったです。

2017年に株主優待拡充から投資を開始してこれで3回目の優待かな?

これは前回の優待券です。

今回からはカードになってますね。

今回はガストへいきましょう。

近くのガストへいってみた

ガストに行く前にダウンロードしておきたいのが「すかいらーく」のアプリ。

最近スマートニュースのアプリのCMをよく見ますがスマートニュースの比じゃないくらいクーポンありますから。

すかいらーくで食事をする人でこれをダウンロードしてない人がかなり損してます。

ガストのメニューは?

ガストは平日ランチがお得。

僕は初めて食べるタンメンにしました。

タンメンの味は?

写真以上に野菜が多かった気がします。

野菜タンメンはあっさりしてるし食べ応えがあってよかったですね。

美味しかったのでまた注文候補にいれたいと思います。

僕の一押しは辛口チゲ(うどん入り)なので。

嫁はサラダうどんみたいなのと子供はお子様ランチ。

これで1488円だったのでチェーン店のコスパはやはり魅力的ですね。

パンケーキなども美味しいのでまた来たいと思います。

すかいらーく株主になるメリット・デメリット

ここで株主優待になるメリット・デメリットを紹介したいと思います。

現在すかいらーく株は株価「1668円」です。(2018/9/23)

メリット

僕は投資は若いうちにやるべきだと思っています。

仮に現在の価格で投資を初めてすかいらーくへの初期投資が166800円必要になります。

株主優待が100株で年2回3000円ずつで6000円もらえます。

さらに配当金が年2回2000円前後もらえるので1年で1万円もらえることになります。

株価に変動がなければ17年あれば元が取れるわけです。

デメリット

すかいらーくの株主優待は他の優待と比べて明らかにいいです。

なのでその負担が重くなり株主優待が悪くなるかもしれません。

実際に最初は株主優待が100株で1000円でしたからね。

もう一つすかいらーくのチャートをみると昔のチャートが載っていません。

それは以前に上場廃止になっているからです。

株をやっている以上そのリスクは常にあります。

まとめ

僕は短期、中期投資を中心に売買していますがすかいらーく株だけは手放さずに持っているつもりです。

仮になんかあってもそれも勉強ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨バブルに乗り資産2000万達成も暴落により半分に。いまは株、スワップ、仮想通貨、WealthNavi、iDecoで分散投資。三重県菰野町で育った30代地域ブロガー。菰野町周辺のグルメ、観光、子供の遊び場を発信します!!